生活する上で、欠かせない水道・電気・ガス、etc・・・。皆さんは公共料金の支払いはどういった形で行っていますか?銀行の口座振替でしょうか?それとも、コンビニで振込み用紙の支払いでしょうか?

銀行の口座振替やコンビニ等での振込みで支払いする人が結構多いと思いますが、公共料金の支払いをクレジットカード払いに変えるだけで、カードによっては、かなりお得になることがあるんです。

クレジットカードなら特に面倒はいりませんし、毎月、口座振り替えや振り込みで公共料金を支払っている人は、クレジットカードでの支払いに変更してみてはどうでしょうか。

ではどうして、クレジットカード払いにするとお得なのか?それは、公共料金の支払いにも、利用金額に応じてポイントが貯まるからです。振替えや振込みは、引き落とされるか振り込むだけで、便利なこと以外には、特にこれといったメリットは無いですからね。

クレジットカード払いでは、このポイント分がお得というわけです。今では、公共料金の支払いに強いカードも出てるくらいですからね。例えば、NTTグループカードはその代表でもあります。

chiebukuro02.jpg

ドコモの携帯料金をはじめ、NTT固定電話の支払いにも使えるし「おまとめキャッシュバックコース」を利用すれば面倒な手続きなしで、毎月の電話料金・ネットの料金にキャッシュバックが反映されるんです。

そして、公共料金や電話だけではなく、ガソリンスタンドやコンビニでもお得になります。出光の給油でキャッシュバックが受けれたり、Edyの利用では、カードからのチャージでポイントが貯まるんですよ。

このように、公共料金の支払い以外でも、こういったいろいろな使い道があるわけです。また、公共料金のポイント振り替えるなら、JALカードSuicaは、かなりおすすめですね。

JALのマイルへ還元できるし、Suicaへのチャージもできるので、交通手段にかかる費用がグットお得になりますよ。そして、JALカードには、多くのポイント提携先があります。ネットショッピングが多い人にはポイントがどんどん貯まるし、特にオススメかもしれませんね。
クレジットカードで商品を買った場合、もしその商品が壊れていたとしたらどうしますか。仕方がないとあきらめるしかないのでしょうか!?こんなときは、まずクレジットカードに何か付帯されているものがないかどうか確認してみましょう。

なぜなら、ショッピング保険というものがついているかもしれません。もし、クレジットカードにショッピング保険がついていたら、壊れた商品の補償を受けることができるからです。ショッピング保険は商品が壊れていたという以外にも、盗まれたという場合でも補償を受けることだってできるんですよ。

ただ、このショッピング保険の補償内容は、持っているクレジットカードによって違いがあります。例えば国内でのトラブルは補償されるけれど、海外でもトラブルは補償されないという場合もあるからです。その他では、リボ払いで購入した物という限定がつくこともあります。

そこで、購入した商品が壊れたり盗まれた場合には、クレジットカードにショッピング保険がついているかの他に、その補償内容などを確認してみる必要があります。補償を受ける為の申し出は、その事実があったらすぐにとなっていますが、期間的には90日以内に申し出れば補償を受けることができるなど、申し出期間は十分にありますからね。

例えば、JCBカードを使って買い物をした商品が盗難にあった場合ですが、まずは専用ダイヤルに電話をします。受付時間は平日の9時から17時まで。土日祝日は受けつけていないので注意しましょう。また、JCB EITなど、JCBならどのカードでも補償は同じかというと、そうではないんですよね。

chiebukuro01.jpg

一般的なクレジットカードの場合、補償を受けることができるのは海外でクレジットカードを使うときだけで、補償額も最大で100万円までとなります。一方、ゴールドカードの場合は国内でも海外でも最大300万円までの補償を受けることができるんです。

このように同じクレジットカード会社でも、持っているカードや種類によって補償内容は違ってきますからね。まずは自分のクレジットカードのショッピング保険の機能を確認してみましょう。
クレジットカードというのは、いろいろな企業や会社から発行されています。発行元は、銀行をはじめ、信販会社や消費者金融、また、大手スーパーなどの流通系や航空会社などの企業系があります。

これらの発行元を見ると、銀行系がもっとも審査が厳しいと言われています。次に、企業系や流通系、そして、信販系、消費者金融系と審査が緩いという傾向にあるようです。

chiebukuro.jpg

例えば銀行で、一般サラリーマンの扶養に入っている専業主婦がクレジットカードを作るのは難しいですが、流通系の一般カードや信販系や消費者金融系ならばカードを発行することができると思います。

このように、発行元で審査が変わってくるわけです。用は、扱う商品やターゲットが違うことによって応じる審査の違いでしょう。ただ、審査というのは、返済能力や返済意思、負債があるかなどを見ています。

審査が緩いからといって、すべての人が発行できるわけではありません。審査に落ちた人は、何かしらの審査に落ちる理由があったということになります。

返済の遅れを繰り返していれば、せっかく作ったクレジットカードは、強制解約されてしまいます。自分の信用情報が気になる方は、信用情報機関に問い合わせてみるとといいでしょう。